2015年9月11日金曜日

申し入れ書 


先日の9月10日、農協本所にて、組合長に下記「申し入れ書」を提出してきました。



     申し入れ書                                                平成27年9月10日
                  
 県央愛川農業協同組合
 組合長 殿
     
                                                           申し入れ者 住所 愛甲郡愛川町半原5635  
                                                 真相究明委員会
                                                  代表 小島 佐則
     不正融資事件の早期徹底解明を求める件
今回は、新役員のもと新たな責任者委員会を立ち上げ真面目に、ご努力をされていると聞き感謝致しております。
更には、警察に事件書類を預け、事件幹部・二人を被害届も出さずに告訴をするなど、色々なご苦労されている事や、事件関係者、前組合長を含め三人を個々に事情徴収して、現在もなお調査中である事を耳にしまして(8月28日・本所会議室 八木組合長)、感謝申し上げます。
しかしながら、もうすでに、半年も経過しております。『いかんせん、遅すぎる』と、組合員の皆様から不満の声が届いています。そこで、そろそろ、これら下記に示す質問事項の中間報告を組合員の皆様に報告したいと思います。
ついては、四連休前の9月18日までに、発送したいと思いますので、これにまにあうように、報告書と封筒三枚のうち一枚を付けて私に渡して頂くことをお願いします。
質問事項
1・本当にこの事件は起きたのか。  
2・その後のFさんからの入金状況はどうなっているのか。
3・今まで、どのようなことがなされたのか。
4・貸してはいけない相手に何故貸し付けたのか。
5・この幼稚な事件の背景には何があったのか。
6・真相は何だったのか。

 巷では、この事件の背景や真相については、前組合長の長年の任期において反社会的勢力との癒着があったのではないか、また農協事業の利権問題、不良債権処理方法など更には経営方法に問題があったのではないかなどと囁かれております。
これら一連の農協の醜聞を一掃すべく、今後の調査において大ナタを振るって頂きますよう切望致します。
敬具
賛同者 井上愛司、佐藤政利、和田好隆 、伊従誠一郎
    小島秀也、小島昭吾 他40名 

0 件のコメント:

コメントを投稿