2015年9月24日木曜日

生前贈与

 生前贈与
 封筒三通も出してくれず、回答書も届きませんでした。
5ケ月も過ぎたのに、定期総会の確約はどうしたのか。
このまま、「モタモタ」しながら時効を狙い、「ウヤムヤ」にするつもりなのでしょう。そんなことは許されません。
この事件は、農協の皆さんのお金を使ったものなのです。
現在の農協の経営者は全組合員を敵に回して愚弄しています。
 ある理事は「この事件は奥が深く、危険を感じる」と言っています。そのため、「自分の資産を生前贈与した」という声が農協内部から聞こえてきました。
 更には「農協のブルーベリーを食べると目が悪くなり」「農協のお茶を飲むと下痢をする」という声が聞こえてきます。
それは、農協の役員をした人に限るそうです。
私も過去に理事をしているので、この現象が現れるのでしょうか。
 私も少しブルーベリーを食べて目を悪くしないと、色々なものが見えすぎて困っています。
 
この書類は、私の知っている人にしか渡っていません。
この書類が届いた人は手回しで、他の組合員の人にも連絡して下されば幸いです。
 みんなで農協組合を立て直そうではありませんか。
   

真相究明委員会
調査役代表 小島 佐則

0 件のコメント:

コメントを投稿