2016年4月29日金曜日

役員改選に当たって

役員改選に当たって
今回の役員改選に当たっては、黒い噂が流れているようで、闇将軍の手下共が暗躍しているとされています。
「特定の人が、特定の人を選ぶこと」は、今回の不正事件を助長させることになり、JA愛川の再出発にはなりません。
「明るい開かれた組合」にするためには、自分たちの役員は自分たちの手で選ぶべきでしょう。
これは民主主義の根本です。
そこで、下記のような書類に皆さんのサインを頂き、組合長宛てに、4月22日に発送しております。
もし、私の意見に賛成してくれる人がおられましたら、はがきでも良いはずですので、「選挙にしましょう。」と出して頂ければ、助かります。更に自分が出たい人がいましたら、立候補の意思を書き入れて出してください。

              平成28年4月22日
組合長殿
  申込書 2 今回の役員改選について
  役員選出方法について
開かれた明るい農協にするために、立候補制にして、選挙できめてください。貴方ができないのなら、真相究明委員会が選挙管理を行っても良いですよ。
 それとも、貴方が先頭に立ってやりますか。
どういう方法でやるか、詳しく真相究明委員会に報告と連絡を下さい。
真相究明委員会 代表 小島 佐則
支援者氏名

       支援者  名     総計  名
もし、私どもにやらせてもらえるのなら、下記を想定しています。
草案
愛川町は三支部に分かれております。
その下の各地区に、割り当てられた数の理事・監事がおります。
つまり、各地区において、その地区の総代会メンバー全員で集まり、
その中で立候補制にして、人数が多ければ、選挙にて選出すべきと考えている。
選挙に備えるため
具体的には選挙管理委員会を発足させ下記のような役職を考えています。
選挙管理委員会
総責任者   1人
副責任者   3人
監査役    6人
事務局    3人   
会計     3人    
監視員   10人
罰則調査役  6人
        総合計 32人
投票箱と投票用紙を用意する。
開票は全員立ち合い確認のもと行う。
選挙違反をした場合は法的手段を考えるのが望ましい。
こんな方法でやりたいと思いますが。如何ですかね。
それとも、そちらでやりますか。
                   敬具


0 件のコメント:

コメントを投稿