2016年1月28日木曜日

告発状の報告

告発状の報告
本日(平成28年1月28日午後2時00分)
厚木警察署 署長(刑事二課 知能犯係)宛てに、上記ブログに掲載した告発状を組合員を代表して渡してきました。 この告発状が受理されるように、皆さんの更なる応援とご協力をお願いします。


真相究明委員会:調査役代表 小島 佐則
「真相究明委員会ブログ」の検索方法
1 Googleにて「真相究明委員会」で検索して下さい。
2 Googleにて「sinsokyumei.blogspot.jp」で検索して下さい。
3 Googleにて「五千年前の大洪水と先史文明ゼミ」で検索して下さい。
  このブログのトップページの左下ブックマークの下に「真相究明委員会」のボタンがあります。  ここをクリックして頂ければ、「真相究明委員会」のブログに入ることができます。
 私のメールアドレスは「mebius0707@gmail.com」です。
住所 神奈川県愛甲郡愛川町半原5635
電話番号 046 281 0363   携帯電話 090 6165 2152

残念ながら、JA愛川が未だ私に組合員名簿を渡しませんんので、私のブログを
読まれた方は、5千人の組合員の皆様に伝わるようにご協力をお願いします。
 これからも宜しくお願いします。

この書類はA4が4枚、A3にすれば2枚になるように作成されております。
                      以上

告発状


                         平成28年1月28日
神奈川県厚木警察署長
司法警察員 警視正 吉澤 晃司   殿

            告 発 状
                   
告発人  〒    243-0307
住所   愛甲郡愛川町半原5635 
     職業   
     氏名   真相究明員会 代表 小島 佐則(こじま すけのり)
     生年月日 昭和23年6月7日生まれ
     電話   046-281-0363

被告発人 A 
県央愛川協同組合役員全員
(平成22年5月から 平成25年4月)

代表理事組合長    斉藤 栄一
専 務 理 事       井上 武雄
常 務 理 事       小林 義和
理   事           畑山 覚
理   事           熊坂 尉明
理   事           花上 満
理   事           中村 隆一
理   事           有賀 照男
理   事           八木 世高
理   事           斉藤 尊
理   事           高橋 喜美子
理   事           大野 茂
理   事           古座野恵美子

常任監査役        都甲 敏久
代 表 監 事       横川 彰
監   事                平本 明
監   事              河内 健一  


被告発人 B 
県央愛川協同組合役員全員
(平成25年5月から 平成28年4月)

代表理事組合長  八木 世高  (斉藤 栄一 退任)
専 務 理 事      矢後 清孝    (中屋 利男 退任)
常 務 理 事      倉田 資展
理   事          斉藤 尊
理   事          有賀 照男
理   事          鈴木 俊雄  (平成27年11月死亡)補充無
理   事          高橋 喜美子
理   事          古座野 恵美子
理   事          天利 秀夫
理   事          山崎 隆一
理   事          沼田 彰
理   事          (馬場 正行)  (補充)
理   事          (斉藤 増男)  (補充)

常任監査役      都甲 敏久
代 表 監 事    花上  満
監   事             加藤 一男
監   事           中村 義市    

*この告発は、真相究明委員会の代表として県央愛川農業協同組合(以下JA愛川と称す)に再三の質問状を提出しましたが、JA愛川は何ら回答もなければ 応答もない。それなのに、勝手に記者会見を開いている。この所為は全組合員を冒涜している。従って、この事件は、前役員も絡んでいるので、法的制裁を下してください。 組合員5千人の願いです。
第1 
告発の趣旨A
被告発人Aの下記各所為は、●●●に各該当するという組合員の意見です。更に、反社会的勢力との癒着も明白である。被告発人らに対し厳重な処罰を求めるため告発する。
告発の趣旨B
被告発人Bの下記各所為は、更に悪質で、告発事実Aの内容を熟知していながら、これを隠そうとし、今回の事件の首謀者小林義和を隠避させるため被害届や告訴もしていない。
これは、刑法247条の背任罪に各該当すると考える。更に、これは刑法60条の共同正犯であり、事件の犯人である小林義和を隠避させているので、刑法103条の犯人隠避と証拠隠滅罪に該当するとの組合員の意見であり、被告発人Bらに対し厳重な処罰を求めるため告発する。
第2 
告発事実 A
  被告発人Aは、1993年(平成5年)から   2006年(平成18年)の間に、4億円の貸し付けを行い、その内の2億5千万円が回収不良になった事実(新聞記事)を熟知していた。それなのに、平成22年7月から平成 24年6月の間、船橋 定の妻 船橋美智子に、規定の書類審査もろくにせず、約4千万円の貸し付けを行った。
(平成27年12月12日 新聞記事により発覚 八木組合長発言 )
 上記事件は、組合員に知らせず、隠し通していたため
被告発人Aの証拠の一部(領収書、写真 新聞記事)を提出する。
告発事実 B
  被告発人Bは、告発事実Aを知りながら、その真相を隠し、不透明にして時効に持っていこうとする意図は、過去の経緯を見れば明白であり、その行動は共同正犯に該当すると考える。
更に、今回の不正融資の犯人・小林義和の被害届も出さず、告訴も二年以上も引き伸ばし、犯人を隠避しているので、組合員は怒っています。
第3 
告発に至る経緯 A
 被告発人Aは、題に記載の告発事実が明白であると思料するので、告発人は同容疑の全貌を明らかにすべく告発する。
告発に至る経緯 B
 被告発人Bは、告訴事実Aを知りながら、JA愛川の組合員に対し、真実を隠そうとし、その経緯は別紙「告発に至る経緯」の通り明白であると思料するので、告発人は同容疑の全貌を明らかにすべく告発する。

添付資料
    証拠資料A
 1平成27年12月12日新聞記事 コピー           1通
 2領収書 コピー                           1通
 3写真  コピー                             1通 
                                      
証拠資料B
 1 申し入れ書 コピー                       1通
 2 「JAからのお知らせ」に対する質問状コピー    1通
 3 質問状督促 コピー                      1通
  4 小林義和の当時の身分証明 コピー         1通 

     参考資料 
1報道機関各位(平成27年12月11日記者会見用書類)コピー 1通
2 告発に至る経緯   コピー                  1通 
                           以上


 コメント
 これから、この告発状を持って厚木警察署に行ってきます。
結果は後でブログにて報告させてもらいます。
 残念ながら、JA愛川が未だ私に組合員名簿を渡しませんので、私のブログを
読まれた人は、5千人の組合員の皆様に伝わるようにご協力をお願いします。
尚 証拠書類に協力して下さった方に感謝申し上げます。
 これからも宜しくお願いします。
                     以上

真相究明委員会:調査役代表 小島 佐則
「真相究明委員会ブログ」の検索方法
1 Googleにて「真相究明委員会」で検索して下さい。
2 Googleにて「sinsokyumei.blogspot.jp」で検索して下さい。
3 Googleにて「五千年前の大洪水と先史文明ゼミ」で検索して下さい。
  このブログのトップページの左下ブックマークの下に「真相究明委員会」のボタンがあります。  ここをクリックして頂ければ、「真相究明委員会」のブログに入ることができます。
 私のメールアドレスは「mebius0707@gmail.com」です。
住所 神奈川県愛甲郡愛川町半原5635
電話番号 046 281 0363   携帯電話 090 6165 2152

この書類はA4が4枚、A3にすれば2枚になるように作成されております。

2016年1月18日月曜日

中間報告

 JA愛川の組合員の皆様へ

 中間報告(平成28年1月18日)
 今日は、雪が降り積もり交通機関が大混乱しています。
 さて、第二段階の始まりです。
先ずは昨年12月12日の新聞記事(県央版)を読まれましたでしょうか。
この事件の発端は下記から始まります。
神奈川県の小さな町、愛川町の農協(昭和58年に合併し『県央愛川農業協同組合』となりました。以下JA愛川と称します。)は50年前から、国債や社債を買っております。その先人たちが莫大な財産を残してくれました。これを狙ったのが前組合長であり、反社会的勢力であり、司法、農協中央会です。その詳細は「真相究明委員会」のブログを参照して下さい。   
コメント(事件の背景)
1前組合長は、●●●、悪の限りを尽くし、周りに大きな重石を乗せているようです。そのため、「農協のお金を自由奔放に動かして、御殿のような邸宅を建てた。」また、「農協の組合長は、国会議員以上の財産があるらしい。」とある人が言っていました。
2反社会的勢力は長い間、●●●そうです。
3司法はでっかい石を乗せられ、その重みのために、動くに動けません。
4農協中央会(常勤監査役、弁護士数人)がJA愛川に居座り、農協内を仕切っています。
 *前組合長は、今から25年前頃から、JA愛川に莫大な財産があることを知り、同農協の組合長になりたくて、反社会的勢力を利用し、対抗馬を、●●●や街宣車で脅し、組合長の座を断念させています。
尚、理事改選は3年に一度あり、対抗馬が出るたびに同様の手口を行っていました。この事は町の誰もが知っています。
 更に、彼ら(前組合長と反社会的勢力)が、このような悪さをしても司法は止めようとはしませんでした。この頃から、「前組合長は顔が広いとか、顔が利く」と言われております。色々な所に重しを置いたのでしょう。当時から前組合長と司法の偉いさんは仲が良く、たびたび司法の出入りがあったとされています。前組合長は、組合の交際費を使って司法の人達とよからぬ相手とも親しくお付き合いをしていたと私の耳に入ってきています。そのためか、「どんな難事件でも組合長に頼むと、煙の如く解決したそうです。」と言われております。
 色々な事件を解決してもらった人もいるようです。
この頃から、前組合長の独裁化が始まったのでしょう。
自分に盾突く者は、容赦なく首にしてしまいました。巷の噂では「首吊り事件」もあったようです。そのため、農協組合員の間では、彼を「将軍様」と呼んでいるようです。
*今回の事件を要約しますと下記になります。
「JA愛川は反社会的勢力の人に、以前、4億円を貸し付け、2億5千万円が回収不能になってしまいました。それでも更にまた、内緒で4千万円を貸し付け回収不能になった。」ということになります。
これは農協と反社会的勢力との莫大な財産の取り合いでしょう。
しかし、司法の偉い人たちも同じ穴のムジナなので、動くに動けないのではないかと巷の噂さです。これらの噂は、真相究明委員会が農協の中に入れば詳しく調べてみたいものですね。
尚、この事件は氷山の一角であり、詳細はブログを参照して下さい。
このような、奇妙な事件は金融業界ではありえないことです。
現在のJA愛川の経営陣(現組合長以下全役員)は事件のもみ消しと中央会に振り回され、決断と実行ができず、右往左往しているそうです。
そこで、ある有名な先生にお伺いしたところ、「もし、これが本当なら、当然、この事件 大きな問題ですね。」と言っていました。「しかし、この問題は大きすぎて、組合員の皆様の盛り上がりと、マスコミの協力を得て、解決するのが一番でしょう。」、「更にこのような問題はどこにでも転がっているので、全国展開になると面白いかもしれませんね。」と教えられました。
 何卒、このような不正融資事件を起こした張本人たちとそれを隠そうとする現行役員一同(現組合長以下理事・監事全員)に制裁を加える方法はただ一つ、真相究明員会のメンバーを増やし戦いなさいと助言を頂きました。
従いまして、現在 私・小島一人で頑張っていますが、組合員の皆様にお願いしたいのです。臨時総会を開いて、勇気があり、私と行動を共にできる人を5,6人選んで、私に付けてください。当然、本人志願でも構いません。そうすれば、第二段階は大きく前進します。
 連絡をお待ちしております。「決断と実行は今でしょう。」
尚、農協のスキャンダルを知る人も私にご一報ください。
何卒皆様のご協力をお願い致します。
私も頑張ります。
                        敬具
真相究明委員会:調査役代表 小島 佐則
「真相究明委員会ブログ」の検索方法
1 Googleにて「真相究明委員会」で検索して下さい。
2 Googleにて「sinsokyumei.blogspot.jp」で検索して下さい。
3 Googleにて「五千年前の大洪水と先史文明ゼミ」で検索して下さい。
  このブログのトップページの左下ブックマークの下に「真相究明委員会」のボタンがあります。  ここをクリックして頂ければ、「真相究明委員会」のブログに入ることができます。
 私のメールアドレスは「mebius0707@gmail.com」です。

                      以上

2016年1月4日月曜日

第二段階


  第二段階
 本日は、平成28年1月4日となりました。
組合員の皆さん、今年も宜しくお願いします。私も今日から頑張ります。
 さて、昨年の12月12日のJAの新聞発表で、「JA愛川は、同JAの60代の元常務理事を刑事告訴し、県警はこれを受理した。」と言う。 これで、第一段階は終了し、公的機関が関与することになりました。
 この記事の中で、「1993年から2006年までの間に、不正融資先の夫に、4億円も融資し、2億5千万円の回収不能が起きており、その連帯保証人である。」と言う。
 「前組合長は、この事件を知らなかった」と言う。なんとも奇妙な話である。
 この不正融資事件は、「元常務理事が上記の夫婦に2億5千万円の回収不能処理手続きに付け込まれた。」と言う。
 この事件、最初は4千万円の不正融資事件のはずだったのですが、いつの間にか4億円に膨れ上がっています。
 JA愛川の意図は、「元常務と不正融資先の夫婦の事件として片づけたい」ようである。
 しかし、今までのいきさつから、そんな単純な問題ではないことは、組合員の方ならだれもが知っていることなのです。この先には本丸が残っています。
先ずは第二段階の開始です。
皆さんの情報のご協力が、今後を大きく変化させるでしょう。
宜しくお願いします。 私も頑張ります。